プーケットを満喫できるおトクなツアーがあります

あなたは、次の休みはどのように過ごそうと考えていますか?せっかくだから海外のリゾート地で過ごしてみたいものですよね。

私が提案したいのは、タイ最大の島プーケットを訪れるという楽しみ方です。プーケットは世界有数のリゾート地として知られており、エメラルドのような海と真っ白な砂浜の美しさが有名です。「アンダマン海の真珠」とも称されているのです。

そんな素敵なリゾート地であるプーケットを満喫できるおトクなツアーがあるのです。それが、「プーケットしまかぜ案内人」のオプショナルツアーです。こちらは、日本人夫妻が経営しているので、何と言っても安心です!気軽に何でも相談できるのが魅力ですね。プーケットに滞在している間に、日本語ダイヤルでもサポートしてくれるのですよ。

肝心のオプショナルツアーの方は、バナナボートやパラセーリングを体験できる離島ツアー、そしてダイビングツアー、シーカヌー&カヤックツアー、ラフティングツアーなど、個性的なものが揃っています。プーケットの夜を満喫できるショー&ナイトツアーというものもあるのですよ。

海外にはほとんど行ったことがないという方でも、これなら安心です。次の休みは、プーケットを訪れてみてはいかがですか?

■「プーケットしまかぜ案内人」のオプショナルツアー http://www.bai-mai-tour.com/

弔電を送るときに注意したいこと

最近ではいろいろな場面で電報を使えると評判なのですが、やはり大切メッセージを伝える方法として、弔電として使われる事が多いです。弔電は、お葬式の現場に駆けつけられないという時に、言葉だけでも伝えたい時に行なうべき礼儀としても重要な役割があるかと思います。

遺族の方は悲しみに暮れている状態の中で、そこに顔見せもしないと「あれだけ面倒を見ていたのに」と恨みの様に思われてしまうかもしれません。弔電には、亡くなった方への感謝の気持ちだけでなく、ご遺族の悲しみを癒す効果もあるので、現場に出れない人は必ず送って欲しいと思います。

また、弔電は、なかなか送る機会も少ないものなので、どのような文章にするべきか非常に迷ってしまうかと思います。電報会社のホームページを見てみると、様々な状況に対応している弔電の例文が掲載されているので、言葉が思い浮かばないという人は、どのような文章にするべきか参考になるかと思います。

弔電は電報ということもあり、長文になるほど料金は上がっていきます。遺族しても、だらだらと長い文面を見ている余裕は無いでしょうし、バランスの良い文章構成を考えるべきだと思います。そのあたりは、ご遺族との関係によって変わりますので難しいところです。